会則

公益社団法人 全国高等学校文化連盟

正会員団体 高等学校文化連盟全国美術・工芸専門部会則(新)

第1章 総  則

第1条 この組織(団体)は,公益社団法人 全国高等学校文化連盟 正会員団体 高等学校文化連盟全国美術・工芸専門部(以下,本専門部)と称する。

第2条 本専門部の事務局は,部会長又は,事務局長の所属する都道府県へ置く。

  1. 本専門部は,高等学校における美術・工芸の発展と振興を図り,もって全国の高校生の健全な育成に資することを目的とする。1. 高校生の芸術文化活動に関する行事の開催3. 高校生の芸術文化活動に関する研修会,講習会の開催第5条 本専門部は,各都道府県高等学校文化連盟に所属する美術・工芸専門部をもって組織する。第2章 役  員第6条 本専門部に次の役員を置く。2.部 会 長     1名4.理 事 長     1名6.事務局長     1名8.事務局会計    1名10.事務局員     1名1.部会長は,公益社団法人全国高等学校文化連盟の正会員とする。
  2. 2.副部会長は,前年度開催県全国高等学校総合文化祭実行委員会美術・工芸部門部会長並びに開催県全国高等学校総合文化祭実行委員会美術・工芸部門部会長をもって充てる。
  3. 第7条 役員の選出は,次の通りとする。
  4. 9.監  事     1名
  5. 7.事務局次長    1名
  6. 5.理  事     2名
  7. 3.副部会長     2名
  8. 1.部会顧問     2名以内
  9. 4. その他,本専門部の目的を達成するために必要な事業
  10. 2. 高校生の芸術文化活動に対する助成及び顕彰
  11. 第4条 本専門部は,前条の目的を達成するため,次の事業をおこなう。

3.理事長は,前事務局長をもって充てる。

4.理事は,開催年度の全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門実行委員会実務責任者並びに次年度開催の全国高等学校総合文化祭実行委員会美術・工芸部門事務局長または実務責任者2名をもって充てる。

5.事務局長,事務局次長,事務局会計,事務局員監事は,部会長が委嘱する。

6. 監事は,奇数年度開催の全国高等学校総合文化祭実行委員会美術・工芸部門事務局長又は実務責任者又は会計責任者をもって充てる。

第8条 役員の任期は部会長,理事長,事務局長,事務局次長,事務局会計,監事は2年とし,部会顧問,副部会長,理事は 1年とする。

第9条 本専門部には部会顧問をおくことができる。前部会長及び前理事長をもって充てる。部会顧問は,都道府県代表者会議の決議をへて部会長はこれを委嘱する。

第10条 役員の職務は,次のとおりとする。

1.部会長は,本専門部を代表し,会務を統括するとともに,専門部を代表とし,公益社団法人全国高等

学校文化連盟の正会員としての職務を遂行する。

2.副部会長は,部会長を補佐し,部会長に事故あるときは,その職務を代行する。また,都道府県代表者会議を代表し会務の運営にあたる。

3.理事長,理事は,本専門部と各都道府県高等学校文化連盟美術・工芸専門部との連絡調整にあたる。

4.事務局長は,事務を総轄し,会務の運営にあたる。

5.事務局次長は,事務局長を補佐する。

7.事務局会計は,本専門部の会計にあたる。

8.監事は,会計を監査する。

9.事務局員は全都道府県のデータ管理を行う。

第3章 会  議

第11条 本専門部に次の会議を置く。

1.役 員 事 務 局 会   構成員は部会長,副部会長,事務局長及び事務局次長とする。

2.都道府県代表者会議  構成員は本専門部役員及び各都道府県の代表者及び代理人とする。

(高文連美・工専門部理事)オブザーバーとしての複数参加は可とする。

3.専門部会・顧問会議   構成員は上記2及び各都道府県顧問とする。

4.召集         部会長が必要に応じてこれを召集し,議決は構成員の過半数の賛成を得て議決する。

第4章 会  計

第12条 本専門部の経費は,各都道府県高(芸)文連美術・工芸専門部からの分担金,全国高等学校文化連盟からの活動活性化助成金,本専門部への補助金,寄付金及びその他の収入をもってあてる。

第13条 本専門部の会計年度は,4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。

第5章 雑  則

第14条 本会則の改正は,都道府県代表者会議の議決による。

附  則

  1. 平成26年7月 26日 会則一部改正
  2. 平成27年7月 27日 会則一部改正
  3. 平成30年8月 10日 会則一部改正
  4. この会則は,平成30年8月 10日から施行する。

確認事項                      【資料 】

○事務局の選出について(申し合わせ)

全国を6ブロックに分け,ブロック別輪番制で事務局,理事・監事を選出する。

ブロックの順番は今後の全国高総文祭が開催される都道府県が含まれることを考慮した順とし,事務局ブロック内では,近年全国高総文祭が開催された都道府県に優先的に事務局を設置することを原則とし,諸事情により難しい場合は,そのブロック内で検討する。

※事務局 … 偶数年の全国高総文祭開催県を含むブロックは,総文後2年間「事務局」を務めた後,「理事長」として2年,「顧問」として1年残る。

※監 事 … 奇数年の全国高総文祭開催県を含むブロックは,総文終了後2年間「監事」を務めた後,「顧問」として1年残る。

※理 事 … 開催年度の部会代表を「理事1」とする。

開催前年度の部会代表は「理事2」として全国諸会議の打ち合わせ会議等に参加する。

※事務局員… 主にWebシステムの管理運営に当たる。選出は事務局担当の都道府県に限らない。

年度 28 29 30 31 32 33 34 35 36
総文開催地 広島 宮城 長野 佐賀 高知 和歌山 東京 鹿児島
理事1 開催県代表
理事2 次年度開催県代表 宮城 長野 佐賀 高知 和歌山 東京 鹿児島
事務局(会長) 偶数年代表 茨城 広島 長野 高知 東京
理事長 前事務局長 京都 茨城 広島 長野 高知
監事 奇数年代表 滋賀 宮城 佐賀 和歌山 鹿児島
顧問 前理事長,前監事(隔年) 京都 (滋賀) 茨城 宮城 広島 佐賀 長野 和歌山

ブロック                        ※太字は偶数開催都道府県(事務局)

北海道・東北 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
関 東 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
東海・北信越 新潟・富山・石川・福井・長野・岐阜・静岡・愛知・三重
近 畿 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
中国・四国 鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知
九 州 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

役員選出及び任期

役員名称 選   出 任期
部会顧問 前理事長,前監事(隔年) 1年
部会長 事務局所在都道府県の校長 公益社団法人全国高等学校文化連盟正会員 2年
副部会長 前年度開催県 美術・工芸専門部実行委員会部会長 総文後1年
全国高等学校総合文化祭美術・工芸実行委員会部会長(開催県) 総文開催年1年
理事長 前事務局長 2年
理事1 全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門実行委員会実務責任者(開催県) 総文開催年1年
理事2 次年度開催県の全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門実行委員会事務局長又は実務責任者 総文前1年
事務局長 偶数年度開催県を含むブロックより選出 総文後

2年

事務局次長
事務局会計
事務局員 適任者を選出(事務局担当の都道府県に限らない)Webシステムの管理運営を行う 1年再選可
監 事 奇数年度開催県の全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門実行委員会事務局長

又は実務責任者又は会計責任者

総文後

2年